FC2ブログ
FouLabo

foulabo

Author:foulabo
旅する居酒屋『風ら坊』

逗子市逗子1-6-5 FUJIビル2F
銀座通り 東洋クリーニングさん2F
046-890-2470
http://foulabo.com/

【OPEN】
17:30〜23:30

【3月のお休み】
毎週月火

【4月のお休み】
月曜定休・7(火)・14(火)・21(火)

★祝前日と祝日の 火曜は営業!
4/28(火)と5/5(火)は営業★

New
Category
Past Article
検索
LINK

一瞬ビックリ 味サイコウ

一瞬、オーム?シャコの親玉?に見えてビックリしたもの

こちらの正体は、大人気 “自家製 山伏豚のレバーハム” (↑冷燻後)
うちのハムのレバーハムの工程は ざっくり言うと 塩漬け 冷燻 低温火入れです
(以前、説明が間違ってしまった方、ごめんなさい)

火入れの模様がこちら↓

お店いーっぱいに美味しいハムの匂いが漂って誘惑されました
青森の滝沢シェフのマル秘レシピ直伝のハム。根強いファンが多いです。

そんな みんな大好きハム、“FouLabo自家製ハム”が今は2種類もあります

(メニューの増殖が止まらなーーーい)

“自家製ロースハム”は、前まではサラダでお出ししていましたが、

今は そのままおつまみか、 “ハムカツ” で 召し上がれます

代わりにサラダになっているのは、桜マス。
今 元気いっぱい魅力満開になってきた葉っぱたちと

いっしょにどうぞ。シンプルな“地野菜のグリーンサラダ”もあります。

見た目はビックリ、味はサイコウの子たちをもう2つ。

「え?!」「ええぇぇーーー?」お客さまもビックリ
輪切りになっているどデカイ奴は、超巨大“カマスサワラ”君。
全体像が見えませんが、カマスのように細長い、サワラです。それにしてもビッグ。
“カマスサワラ”の幽庵焼き、ゆず醤油で漬けられ いい香り。。お試しあれ です

店主が掲げるのは、お久しぶりの“ダイナンアナゴ”君
昨晩シゲちゃん初めての、「長いもの」との格闘

いつも仕込みをがんばっているシゲちゃんに、店主がいろいろ指導していました

その後は 夜な夜な、じい様自ら、地味な作業・・・

“ダイナンアナゴ”は “穴子”と違って ビッグ。
なので、骨が気になるので、丁寧に1本1本取り除くのです。
(この作業が手間で、他のお店では見かけない…)味は、サイコウです
土鍋ご飯にしたら、もーうサイコウ!
今日は“穴子”のお刺身としてお出ししますが、“ダイナンアナゴ”だということは、
備忘録をご覧になっている方だけの秘密です♡ 愛たっぷりです


あすは恐ろしや逗子花火大会。
狙い目は、確実に、今日です。
たくさんの方のお越しをお待ちしております♡


izakaya 風ら坊
046-890-2470
スポンサーサイト