FC2ブログ
FouLabo

foulabo

Author:foulabo
旅する居酒屋『風ら坊』

逗子市逗子1-6-5 FUJIビル2F
銀座通り 東洋クリーニングさん2F
046-890-2470
http://foulabo.com/

【OPEN】
17:30〜23:30

【12月のお休み】
月曜定休
3(火),7(火),24(火)


【年末年始】
★12/30(月)は営業★
12/31~1/3 お休み
1/4(土)から通常営業

New
Category
Past Article
検索
LINK

食べることは学ぶこと

「そんなに買って来たのか・・・」

と、ミーちゃんもちょっと引くくらいの、店主の男買い
高知で土佐料理等の本を大量に買って来ています
学びの精神ハンパなし 料理が好き過ぎハンパなし

ドリンクサイドも実は・・・

(〃ω〃)テヘ
まだメニュー作れていませんが、何なりとご注文ください!
両サイド、風ら坊らしからぬってのも、面白いので入れてみました!

風ら坊らしからぬ と言いますか、居酒屋らしからぬ・・・

牛乳もメニューに載せています!
アイス等は今後作るそうですが、今はまずそのままの優しさ味わって頂きたい
昨日も何組か召し上がって頂き大好評でした♪ ホットでもお出しできますよ


旅はいいですね
引き出しを増やし芸の肥やしとなり、人生の彩りが増す・・・
すでにまた旅立ちたい・・・
が、昨日の久しぶりの接客も楽しすぎました❣️
本日もたくさんの方のお越しをお待ちしています❣️


高知での、食の備忘録を、無言で載せますね
これらを見て、お腹が空いて、旅欲が沸いて、風ら坊へ・・・
















今日も明日もお待ちしています❣️

izakaya 風ら坊
046-890-2470
スポンサーサイト



愛でしょう

色濃過ぎる 濃密高知旅がついに終演を迎えます
(大作になりそうなイリノザトウ録はまた後日)
ラストは 安芸の山奥にいました
こんなこんな素晴らしい所

高知の地鶏“土佐ジロー”を頂きに。
土佐ジローは“卵”の為の地鶏ですが、
小松さん↑ご夫妻は安芸の豊かな自然の中で雄を育て、
予約に応じてしめて、新鮮な鶏を提供しています

デンッ

おおおおおぉぉー!これは思わず叫んじゃいますね

旦那様が1人ずつに丁寧に七輪で焼いてくれました

美味しかったです!運動能力の高い土佐ジロー
熊野地鶏ともかながわ鶏とも また違う良さに舌鼓
鶏欲が高まった方は、明日以降風ら坊へ
さらに鶏ステージ1つ上がった風羅坊です🐾


“土佐ジローの卵” の見学も、実は2日目に、
イリノザトウと同じ黒潮町で行かせて頂きました
金子さんの営む みながわ農場さんです

愛らしく並ぶ卵たち
土佐ジローの卵は全体的に小ぶりですが、
中でも1番左側はよりコンパクト
“はつたまご”だそうです

私は初耳でした。はつたまごとは?

金子さんの所の はつたまごは約33g
鳥は生後4ヶ月から卵を産み始め、1年で廃鶏だそうで ; ;
その頃の卵が手前 約53g
元気な若鳥の卵の方が味と質が良いそうです

卵を割った時に双子があるとなんだか嬉しくなりますが、
その“なんか嬉しい感覚”は正しかったようで、
双子三つ子は、はつたまごだけだそうです

そんな、はつたまご、茹で卵頂きました

何も付けなくても味が濃くて嫌な卵臭さは皆無で
とーっても美味しかったです
高知の美味しい塩でも美味しかったなぁ

そんな美味しい卵を人間に分けてくれる
鳥たちにも会いに行きました

可愛い…。雛たちです
ダチョウもそうでしたが、雛の時はまだ弱いから
温度管理を徹底してあげています

そして、親たち

メス50羽に対して、オス2羽だそうです
牛もそうでしたが、ハーレム。
(※人間の男性陣は“人” イチとイチ
動物に寄らず、メスは一人にしておきましょう♡)

外で遊んだり 中でご飯を食べたり、産みたくなったら

ピョッと飛び乗って、産む部屋で産みます
(※勿論私は入ることが出来ず撮影頼みました)
金子さん曰く「個室を作ってみたら、
なんかたくさん産んでくれるようになった」

それを頂きます


土佐ジロー卵、生産者さんは他にもいますが、
金子さんの鳥の、産む卵が美味しいのは、間違いなく、愛だと思います

こちら、看病棟なのです
病気になった鳥は通常はすぐしめられるそうです
が、金子さんは別室で看病してあげるとのことで ; ;

金子さんからではなく他の方から聞きました
5羽病気になっても、4羽は元気に回復して、
また元の生活へ戻るそうです
言葉数は少なくても慈愛に満ちた金子さん…

このこはトサカの辺りで病気が…
店主も優しくヨシヨシヨシ

愛を、愛を持って、提供せねば
と強く感じて、衝撃でシビれる体験をしました

卵を温めるお母さんのお尻
その卵をお母さんの元からコロッと転がされた卵に
触れてみたら、ビビッバババ ザーッと、
リアルに体に衝撃が走りました

間違いなく生きている命と、
それを守る母の愛と、その母を育てる方の愛
私はこの鶏舎で何度か涙をこらえました

どの食材にも 愛を注ぎ 頂き 提供します!


と書き終えたところで、そろそろ逗子が近づいてきました。

イリノザトウの勉強会を企画した小島喜和さんが
「高知に行くなら!」とたくさんの生産者さんと
私たちを繋げてくださいました 感謝感謝です

案内してくださった和田さん、黒潮町役場の方々
お忙しいなか どうもありがとうございました。
その他書ききれていないけれど、お相手くださった方々
お時間頂き ありがとうございました
全てが糧になっています

そして、この旅、ずーーーっと面倒を見てくれた
Kahoriさんと、Yuichiさん 感謝の言葉では
足りないので、逗子に戻ってきた時には全力で…
本当にありがとうございました
楽しすぎ美味しすぎ!!


旅するizakaya 風ら坊
046-890-2470 🐾
🐾29(金)から通常営業

自然の摂理は、すごくゆっくり

昨晩は、高知人らしく、風ら坊員らしく、
シーーーーッカリと全力で呑みきりました
今日は雨
訪問や見学のタイミングでは完全に降らないでくれて
天に感謝

訪問備忘録続きます
今回は、年中、毎日多用する、生姜!!
四万十町で自然栽培をする吉本さんの元へ
お会いして、まず、

壕の中へ

奥へ奥へ

適温でシットリ 最近乾燥していたから、
なんだか気持ちいい空気。
生姜は湿った温かい所が適しているそうです

ここで生姜を保管しています

生姜の収穫は11月頭から中旬まで(霜が降りるまで)
収穫したての、本当の“新生姜”たち
(5月に出回る新生姜はハウス栽培物)

生姜は種からではなく株からどんどん増えます
株を土に植えると、コブが増えていく…
その、親になる株たち

親になる株はサイズがビッグなこたちです

そして、親として全うした株たちがこちら

なんとなく色味が違うのは分かるでしょうか?
触るとこちらの方が固い。一度親をしたら、
水分が減り 辛味とスパイシーが増すそうです
ガリとかには、新生姜の水々しい方が良いですね

保管の仕方も、

やり方や 理由も教わりました

そして畑へ
すでに収穫は終わっています これが葉

自然農法とは。
自然に介入しすぎないで、寄り添います
自由で自然なワインを ブドウ作りを
突き詰めて作る方々と同じ意思を感じました

落ち葉 微生物の分解、雑草の根が耕作をします
その為に吉本さんは 真ん中に麦の一種を植えています。
野生の環境を作り、虫たちの生と死の循環を経て
土は栄養を蓄えていく…
有機栽培は、人間のイメージに近付ける=早める作業
対して、自然の摂理は、健全ですごく、ゆっくり

なんだかとても大切なことを教わった気がします
たくさんの農家さんに出逢う旅だからこそ、
これからの暮らしに生きる気付きがたくさんです


吉本さんの生姜でジンジャーエールを作ったり、
お料理にも添えられることになるでしょう
風ら坊で大地の営み感じてください


吉本さん、同じ志でお米を育ててる津野さん、
どうもありがとうございました!

旅するizakaya 風ら坊
046-890-2470 🐾
🐾29(金)から通常営業

暮らしの一部に

備忘録が完全に追いつきません
昨晩は夜10時から、聞いて驚くなかれ
今日の朝7時半まで。製糖作業の見学でした
流石に、こんなの初めて。(。・ω・。)
とりあえず時系列で、まずは昨日の最初の訪問を。


昨日は朝 高知を発ち、西へ
四万十町の井上糀店さんへ
「どこだろな…?」と走っていると、とある一画から

静かに上がる蒸気
優しい香り

「ここだ…」

大豆をコトコト煮ていました

お決まりの…

テヘペロ 頂きます
麦糀と合わせて 麦味噌になるそうです

ムロの中へ


半地下、石の造り、このサイズ感が
温度を一定に保つのには1番適しているそうです

店主 ぴったりサイズ

7代目の井上雅恵さん 6代目は先ほどのお母様
5代目はおばあさま… 代々男性が外貨を稼ぎ、
女性が 家事の合間に糀を仕込み、営んできたそうです。

洗濯するようにお風呂を沸かすように ご飯を作るように
周りの仲間たちに支えられながら・・・

当たり前の 日常に溶け込むワンシーンなのでしょう
雅恵さんはしきりに「何もしとらんよぉ」と。

そんな優しい母たちに育てられ美味しくなるんですね
気持ちいい藁の布団・木の床でくつろぐ麦糀

道具にも代々引き継がれてきた愛と貫禄があります

こちらは発酵に使う木桶

最近めっきり少なくなってしまった桶職人さんですが、
各都道府県に1人ずつの桶職人を という感じの
取り組みがあるようで、井上糀店さんも安心していました
ステンレスタンクでは完成しないモノがここにはある…

古き良き 日本の暮らし方を覗かせていただきました。
雅恵さんお邪魔致しました

ちなみに、「高知県は主に米味噌を食しますが、
今回たまたま麦だったんですよ〜〜」だそうです


糀についてはまだ勉強不足で語れません
が、もちろん店主はたくさん仕入れましたよ
試作を重ね 学びを深め、日本の発酵というものを
改めて深めていきたいと思います
乞うご期待!


旅するizakaya 風ら坊
046-890-2470 🐾
🐾29(金)から通常営業


柚子パイプ

四国山地の奥深く 神々と住む村とも言われる、
高知県物部(ものべ)村。山の奥の奥へ入って行って、
目指すは、柚子農家の坂本さん

着いて即 「宴会!」の声が飛んだと思ったら、
収穫作業をしていた方々が集まってきて、休憩

無口だけどチャーミングな坂本さんのお背中

私たちも“宴会”にちゃっかり混ざって、

モグモグモグ 椿の葉で包んであるのは、
奥様ゆみさんの作ってくれた“柚子まんじゅう”
自家製の柚子茶も、本っ当に美味しかったです

頂いた後は、まさかの収穫のお手伝い

繊細な柚子を傷付けない収穫の方法を真面目に聞き
スタート。かなり慎重に取り組みました

収穫された柚子たちは大小分けられ、選果機へ

加工に回すB品等の仕分けをして、
最上クラスに入ったものは・・・

美しい・・・傷1つありません
黄色が色鮮やか眩しい
B品も美しいのに、撮らないで~恥ずかしい~と。

物部村の柚子にかける真っ直ぐなプライドを感じました
有名な“馬路村”と謳われている柚子ですが、
物部からかなり流れているようで、その背景も含め、
坂本さんたちには譲れない何かがある気がしました

ちなみに、こちらの方は 別の収穫も勤しんでました

由美さん曰く「この時期に普段は無い青柚子があったり小玉が多く出たり、、」
天候の関係だそうで、その青柚子や小玉を分けて頂いたのです
風ら坊ではどんな柚子も美味しく使います
ゆべしを作ったり、柚子サワーにしたり・・・
柚子メニュー、柚子の香りが風ら坊に広がるでしょう

たくさん使う柚子、素晴らしい農家さんに出逢えて
嬉しいです 柚子パイプ出来ました!
坂本さんありがとうございました!

牛乳に柚子に 高知野菜の産直に…
その他も盛りだくさんの初日、もちろん夜は、

夜でまたお勉強(しっかり4軒お勉強)


今日は糀屋さん 生姜農家さん 訪問終えて、
西へ
これから本命、イリノザトウさん訪問です


旅するizakaya 風ら坊
046-890-2470 🐾
(29日から通常営業)

牛と乳への愛

高知空港から四国山地の方へ 山道をくねくね登っていくと、
パァーッと開ける所にある 斉藤牧場さん

山頂ほど近く 太平洋も望めました

相変わらず車の無い僕たち
高松に住むKさんが連れて行ってくれました
斉藤さんとみんなで、ワクワクワク♬牧場の中へ


さっそく仔牛たちと遭遇

遠く(写真左奥)に親たちの群れ

狭い牛舎に詰め込まれ、モォモォけたたましく鳴き、
(斉藤さん所の牛は鳴かない=要求無いと鳴かない)
アイスだ チーズだ お土産だ 売られている…
私の想像する牧場とは掛け離れていました 良い意味で。

余計なモノは無く、ただただ空と緑が広がっている…
斉藤牧場さんは 25haに40頭の飼育
東京ドーム1個分にたった9頭 贅沢伸び伸びです

斉藤さんからは牛たちへの愛が感じられました

にこにこと ラブリーショットを狙っていました

隠れ牛好きの私も近寄ってみました

「その子はまだお産していない、コトブキちゃんだよ」

「おぉ♡ コトブキちゃーん」
5センチくらいまで近寄っていたつもりですが、
実際の証拠写真によると、

・・・。
牧場の広さが伝わります
私の頭 左上辺りにも また遠くに群れが見えます
群れを2つに分けています

39頭のメスに対し ハーレム 雄1頭
牛の寿命や酪農についてもたくさん教えて頂きました
1日に1頭から採れる乳は10kg
丸2年で親になるのが正しい酪農だけど、
放牧だと2年半だそうです
腹が大っきいのがイイ牛だそうです
私は気付きました

お腹の右が膨れてる!
右に子どもが入っているんだそうです

完全にお任せスタイルの放牧で、お産も外
お産場所は大概決まっているそうで、

夏の暑い時にも逃げ込む 森の 木々の下
安定している所だそうです
産まれた仔牛たちは井上さんが安全の為 連れて帰り

小屋の中で育てられます
生まれて1ヶ月のこたちも3頭いました

今のパパが、茶の柄。劣性遺伝で茶のこがチラホラ

半年過ぎたら外へ

木陰で休む2頭

なんとまぁ、キュート!(一瞬浮気)

広々とした牧場、優しい斉藤さんに守られ、
ストレスの無い牛たちのミルクは美味しいに違いない

斉藤牧場の牛乳は、牛たちだけではなく、
牛乳の作り方も、ミルクへもノンフリー
牛乳パックの裏側をこれからずっと見ちゃいそう

通常は120℃で3秒間の殺菌
斉藤牧場は65℃で30分間の殺菌
どちらの方が大事に育てられていますか?
どちらの牛乳になりたいですか?w

牛乳によるアレルギーは、高温殺菌することで
タンパク質が変性することで起こるのでは…?
低温殺菌だと、牛乳を守っている菌が生きています
斉藤さんは、牛だけでなく、牛乳も守ってる

ちなみに、斉藤牧場さんは“ノンホモジナイズ”
“ホモジナイズ”恥ずかしながら私は初めて知りました
大小の脂肪球を混ぜることで、
安定と、容易な流通、長期保存が効く…
だがしかし・・・

その辺りは、お店で直接アツく語らせてください
というより、お店で直接飲んでみてください❣️
もちろん仕入れましたから❣️
金曜着です。皆さま是非お召し上がりください

牛乳大好き夏波、美味しすぎてガブ飲み、
今朝から今までで1ℓ頂きました
皆さまにも、優しいミルクを味わってほしいです



昨日は斉藤牧場(牛乳)と 柚子農家さん
今日はすでに、糀屋さんからの生姜農家さん

そして、旅は続く


備忘録が追いつかないっ


旅するizakaya 風ら坊
046-890-2470 🐾

晴れ男女

曇り雨予報からの、

晴れ!さすが僕たち晴れ男×晴れ女🌞

高知龍馬空港に到着、
牧場へ移動中です(牧場大好き!わーいわーい)

リポートもがんばります🌞

旅するizakaya 風ら坊
046-890-2470 🐾

食べ尽くし飲み尽くし❣️

明日から4日間、高知へ行ってきます!
イリノザトウ!生姜!柚子!卵!牛乳!

ということは?!
本日食べ尽くし飲み尽くし❣️

連休前なのに、お刺身盛りも超充実

その他のメニューも盛り盛りだくさんです!
(本当にこのお店は明日から連休なのか?!)

というわけで!!
気合い入れてお待ちしています❣️
どんな時も魅力を切らさない風ら坊を、
よろしくお願いします!

izakaya 風ら坊
046-890-2470

あまりにも

昨日、あまりにもおヒマでして、なんと超久しぶりに、
わたくし夏波、早上がりしました!!!
早く上がって何がしたいかって、そんなの勿論・・・

風ら坊のお客さんになりました(〃ω〃)
昨日 そして今日のお通しは、心も体も温まる “大根煮”
優しいそぼろあんかけが、沁みました。一口目でズキュンッ♡です
お燗酒も、染みたぁーーーーー

ワインも、美味しかったぁーーーーー
純米酒にも、ワインにも合うお料理がいっぱいで、幸せな悩みを抱えました

そんな中チョイスしたのは、“柿と生ハム・リコッタチーズのサラダ”
完璧でした。口に入る全てのハーモニーが美しくてウットリ・・・

風ら坊のお客さんが、羨ましい!!!!!

まだまだ食べたいもの飲みたいものたくさんあったのですが、
食べきれるわけもなく、メニューは進化し続けるわけで・・・
またお客さんとして座れる日を心待ちにします。
その時は一緒に飲みましょう♡(〃ω〃)

あまりにもおヒマだったので、
店主は???

食材仕入れて、新作の研究

それも終わったと思ったら、、4コマ漫画でどうぞ







今日のお昼のまかないは、美味しいうどんでした笑

こんなにも、食べて飲んで捏ねて、
研究熱心な居酒屋!おヒマだなんておかしい!
今日は土曜日、今日こそ走り回って自ら熱を生みたい!
心よりお待ちしております

izakaya 風ら坊
046-890-2470

寄り添うボラと猫

昨日、“まさかこのタイミング” というタイミングでやって来ました

ボラの卵巣
そうです、今年も“カラスミ”を仕込みます

突然だったので、深夜仕込みがスタート

細かな作業の連続に、凄まじい量
気の遠くなるような仕込みを、3人で・・・
3人?せろりやの芹澤さん(中)です

店主のカラスミ、旨いです。
大量に出来ました。(↓一部です)

天候にもよりますが、12月序盤からお出しできるそうです
またお知らせします。お楽しみにっ・・・♡

「今食べられないやん~」
そんな気持ちは、男のコへ・・・

昨日もお伝えした“ボラの白子”
昨日は ボラの男女が風ら坊に。ボラウェディング

・・・阿呆なこと言ってないで、味わいは、ズバリ、美味。
鱈やフグの白子よりお手頃に、アッサリ×クリーミーな白子を楽しめます

その他、今日も魅力がどっさり詰まっているメニューです

体も心も温まる “穴熊ウリ坊つくねと天然平茸の小鍋”や、
新作の “シロカジキと発酵白菜の柚子雑炊” でほっこりするもよし、

今はどんな色になっているんだろう?

銀杏×朴葉味噌で、チビリチビリと、秋の夜長を味わってもよし、

今日は冷えます、ボラも寄り添い、猫も寄り添う
風ら坊に寄って🐈、温まってから 帰りましょう

(珍しく 寄り添う2匹🐈🐈)
お待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470


★お休みのお知らせ★
月曜定休
11/25(月)~28(木)高知へ
12/3(火)17(火)24(火)
☆12/10(火)は営業!

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み 1/4(土)から通常営業

ドンドン ドキドキ

昨日の投稿に載せた、店主と小林くんの後ろ姿、
何を一生懸命に学んでいたのかと言うと、
何が久し振りにメニューに登場しているかと言うと、
こちら!

“生雲丹とカリフラワーのムース”
キラキラ輝く カツオ出汁のジュレに包まれる
ほんのり優しい甘みのカリフラワームース、そして生雲丹ドン!
壁ドンくらい、ドキッと魅力的ですね

ドキドキ魅惑の食材を、店主、本日また入荷してしまいました・・・

白子ドン!
「使ったことないから、つい♡」
「・・・たしかに綺麗だ、、」
“ボラの白子” 旬です!美しいです!
ポン酢とバター焼きと炭焼きからお選び頂けます

白子に負けないくらい ときめかせる身も居ます

先日投稿のビッグな“真鯛” お刺身もいいけれど、加熱も素晴らしい
店主の火加減と塩梅に拍手。皮がパリッと、身はしっとり、、、食べたい!!

串焼きで気軽に色いろと食べられるって幸せですね

真鯛 vs コショウ鯛 を戦わせてドキドキするのもいいですね
貴方のハートはどちらに奮えるでしょう?(〃ω〃)

そう!そして今年も待ってました!始まりました!

鳥取 田中農場さんの、“葱”
ネギの串焼きは1日1本食べたいくらい。銀杏も立派でさいこう
カブも炭でじ〜っくり焼いて、、大好評です


今日も食材がドンドン!届く!
来週は高知へ行くので4連休だと言うのに…ドキドキする!

と、言うわけで、食材減らしにいらしてください
お待ちしています!

izakaya 風ら坊
046-890-2470


★お休みのお知らせ★
月曜定休
11/25(月)~28(木)四国へ
12/3(火)17(火)24(火)
☆12/10(火)は営業!

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み 1/4(土)から通常営業

ウリ坊トリオ

昨日の備忘録では、多種多様なお魚たちを載せました
今日は潔く1種類で!

美味しそう・・・“ウリ坊の焼売”です
蒸籠を開けた瞬間の立ち上がる幸せな香りと言ったらもう・・・
夏波的焼売No.1はウリ坊くんです!
美味しい肉汁をこぼさないようにお召し上がりくださいっ

1種類で!と思いましたが、混ぜこぜでした

“ウリ坊と穴熊のパテ”
甘味のあるウリ坊の抵抗のない脂に、穴熊肉のコクが余韻に・・・
しっとりと美味しい 最新作 風ら坊パテ、これまた必食です

ウリ坊×穴熊のお料理をもう一品

“穴熊ウリ坊つくねと 天然平茸の小鍋”
今日みたいに肌寒い日には、そろそろ冬が近づいてくるのを感じた時には、
やっぱり、鍋でしょう
小鍋でおつまみ感覚で、美味しい野の恵みをお楽しみください

ウリ坊トリオをご紹介しましたが、ウリ坊のお肉を1番感じるのは、
やっぱりシンプルな“炭焼き” 対馬を走り回っていたエネルギーを是非

もちもちロンロン、ウリ坊だけではないし、ジビエだけではないです
先日 深夜の後ろ姿ふたつ

昔からの大人気メニュー、店主の逸品、あの・・・

・・・も、昨日からメニューに載っています
瞬殺の野菜と魚介の口福ハーモニーです
さて、何でしょう?
ヨシ!今宵は風ら坊に決定!


風ら坊満喫デイ
今宵、心からお待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470


★営業のお知らせ★
月曜定休
11/12(火)25(月)~28(木)四国へ
12/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み
1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】
12/10

「今週は魚はもう買わない!」

そんな言葉を発しています。
が、本当でしょうか?
その言葉が本当だったかどうかは、週末にお伝えしようと思います

そんな言葉の所以がこちら

デカイ!!!
柚子と、いつもの小猫ちゃんでお分かりになるでしょうか?
写真より現物はもっと大きいです。愛媛今治より“コショウ鯛”です

に加えて、日曜青森から届いたこれまたドデカイ“真鯛”

身があまりに美しくてビックリしました
そろそろ旨味が増してきているのではないでしょうか

「こういうのが1番好きなんだよな♡」と店主が眺めていたのは

“クサヤモロ” 知っていましたか?私は初めてでした
クサヤに使われる、鯵、ムロアジの仲間で、
新鮮でお刺身で食べられる日は貴重なのです!!!本日入荷!
本日、火曜ですが営業です!このこだけでも是非!!

その他も、お刺身コーナーが真っ黒になるくらい、お魚充実です
果たして店主の言葉が本当になるのか、、ウソになるように笑、
皆さま食べ尽くしにいらしてください!

毎日毎日、味が変わっていく喜びがあるのは、やっぱり発酵・・・

“白菜漬け” が地味に旨すぎる。少し乳酸の感じも出て、お酒に合う合う
函館からスルメイカを大量に入荷し、久しぶりに“塩辛”も作りました
土曜に作ったからまだ浅漬けくらいかな? このくらいの感じも大好きです
塩辛の成長を一緒に見守って・・・や、食べ守ってください


せっかく営業するんなら満席になって走り回りたい!
今のところ・・・。今宵もよよよいよい 良い酔い宵
貴重な火曜営業日 心よりお待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470


★営業のお知らせ★
月曜定休
11
/12(火)25(月)~28(木)四国へ
12
/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み 1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】 11/19&12/10

おかしいな?

昨日ははみ出してなかったんだけどな?

昨日のエイのレバ刺しも必食なのに、
今日は青森から白子が❣️三重から熊野地鶏が❣️
よだれが・・・

お待ちしています!

izakaya 風ら坊
046-890-2470

過去最高峰

“過去最高!!!”
と、天下の漁師(今治の藤本さん)を唸らすヤツ、本日入荷!!!

なんて立派なんでしょう・・・
(こんな美しいビッグな肝臓、私も店主も欲しいです…)

そうです!“星エイのレバー”です

“星エイのレバ刺” これはもう瞬殺メニューです

それに加え、「身も過去一の素晴らしさ」とのことで
な、な、なんと、“星エイの刺身りは、こんな・・・

ハピネスミルフィーユでご提供です
醤油でもお塩でも頂きましたが、素晴らしいです
身も余韻に優しい甘み、肝も臭みなど0、美味しいです!
レバーのみだとヘビーな方でも、コレハモウ・・・必食必食必食!です

素材を手に入れることも素晴らしいですが、
料理への愛も・・・

「何それ??」
「リコッタチーズ。」

納豆や ポン酢、チェロは当然の如く・・・
そして今回はリコッタチーズまで作っちゃいました

何のメニューになるんだろう?と思って、日替わりメニューを覗いたら、
なんとまあ♡!! “柿と生ハムとリコッタチーズのサラダ”
( *´ー`*)/うちは居酒屋でしたよね、さらっと載ってるチーズまで、、


そんなステキ居酒屋ですが、11月ゆるやかムードです
12月の忘年会に備えてるなんて、今日という日が勿体ないッ
今日しか出会わない味、過去最高峰を携えて、
今日も明るく元気よく お待ちしていますッ

izakaya 風ら坊
046-890-2470


★営業のお知らせ★
月曜定休
11
/12(火)25(月)~28(木)四国へ
12
/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み 1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】 11/19&12/10

4周年ウィーーーーク❣️

お陰様で、11/11を持ちまして、風ら坊は4周年を迎えます
去年3周年で一区切り、4年目は生活の方もバタバタと整え、
先週イベントを終えて、ほんとにほんとに、ホッと一息という感じです

ゆるやかな営業の今週も幸せにお祝いしたり 感謝いっぱいです

風ら坊と言ったら?と言いますか、
店主と言ったら?の質問に、どうしても返ってくるサメ
サメラベルのワインで乾杯。そしてやっぱり、

“アカシュモクザメの水餃子”は必食です
最後に葱油をジュワッと、、この香り、餃子を頬張った時の幸福感
味わわないとモッタイナイ!です

「お肉も恋しい!」方も、ご安心ください

謝肉祭か?というくらいの、よりどりみどりラインナップ
「ジビエはなぁ」そんな怖がりさんも、心配しないでください
本当に臭みはないです。(牛の方が飼料の味 違和感すら覚える最近…)

まずは、シュウマイで慣らしましょう

“豚じゃない焼売”だなんて、気付きません
「なんてジューシーな焼売なんだ」と感激するのみです

4周年当日が月曜でお休みなので、僕たちの高ぶりは、今日明日最高潮
来てくれなきゃ、ダメ🐾

美熟女みょうみょうの色気と可愛さに吸い込まれるように・・・
・・・風ら坊へ・・・・・・🐾


今日は土曜ですがお席まだまだございます
忙しく走り回りたいです お待ちしています🐾

izakaya 風ら坊
046-890-2470

閲覧注意

新作メニューがまた1つ生まれています

“がんす”です
がんすとは、広島の名物だそうです
お客さんに聞いて初めて知りました 皆さんは ご存知ですか?
“魚のすり身のフライ” だそうです
風ら坊はお魚をたくさん使うので、めくるめく“がんす”が出来そうですね

今回は?

こちらです!



※長いものが苦手な方は、写真は目隠ししてスルーしてください





こちら!

どでかい“鱧(ハモ)”
長い長いまな板が大活躍
がんすを知るお客さんも「ハモとは初めて!」とのことで、
この機会に是非お召し上がりください いいおつまみです

もう一つ、閲覧注意の写真がやって来ます
今日岡山県から届いた2頭です





こちらです

“穴熊”
店主も大絶賛の個体たち「これくらいのサイズが美味いんだ」
「岡山の穴熊は美味しい。」「食べる前から美味しい。」

“穴熊の炭焼き” も良し、はたまた今度は何のお料理に姿を変えるのか、、
害獣駆除で全国で捨てられているこたち。大切に美味しく頂いてあげたいです


昨日はどこまでもお静かでした
今日は今日こそは盛り上がりたい!
今週末で4周年ですよ!

お待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470

賑やかなメニューに対抗せねば、、、

時代を問わず愛され続けてきた不動のアイドル、
久しぶりに、風ら坊メニューにオンステージ

“燻製の盛り合わせ”
注文が入りすぎて店主困ッチャウ というくらいの、
新道亭時代からの大人気メニューです
今日は、琵琶湖からやって来た子がスモークされて盛り合わせに入っています

昔からのアイドルも居れば、近年ふっと湧いて出た 奇跡の新人も居ます

“ウリ坊の焼売”
シュウマイはウリ坊が1番美味しいのでは?と思う今日この頃。
ウリ坊は仔猪のことで、脂が甘くジューシーで、たまらんのです。

蒸しあがった時の、誘惑ったら、ハンパないのです。

店主のことだから、大量に仕込みます、お店中が魅惑の香りに包まれます
今回のものは 昨晩深夜に 黙々と楽しく仕込んでいました

その他も輝く脇役、地味なスター、勢揃いです

今日はパスタなんかもいいですね
“カツオのトマトソース タリオリーニ”
天然のナラタケ、鳥取田中農場さんからはカブも、
じゃが芋もちのオーダーが止まりません


今日は、どこまでも静かそうな木曜日・・・
メニューに負けずに賑やかに盛り上がりたい!
今宵も心よりお待ちしています


izakaya 風ら坊
046–890–2470

★営業のお知らせ★
月曜定休
11/12(火)25(月)~28(木)四国へ
12/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み
1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】
11/19&12/10


酒が旨い。米が旨い。

先週末土日がんばって、やり切って、成し遂げて、今こんな気分です

「綺麗・・・世界って本当に綺麗・・・」

冷蔵庫も冷凍庫も、お酒も、スッキリしました!

・・・コレでも(笑。 やはり魅力は絶やしてはいけませんからね。
温めたお酒がさらにおいしい季節です。これプラス冷酒たち、
もちろん自然なワインたちと、クラフトビールたち、超充実です

気候がよくって気持ちがいい毎日
秋のおつまみもたっくさんあります

鳥取の田中農場さんの銀杏、串焼きもいいけど “銀杏の朴葉味噌焼き”がニクい
味噌も美味しくって、ずっと手放せない一品です

秋はやっぱり食欲の秋。米が旨い。

今日の土鍋ご飯は何でしょう???
ヒントは、みんな大好き美しいお魚 通称“スー◯ー”
米1粒1粒噛み締めて頂きたくなること間違いなし


最近 ゆったりくつろげるよう、ミュージックをジャズにしてみています
音楽も お酒もお料理も なんとも沁み渡る空間。(自店自賛)
今宵もよいよい、心よりお待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470



★営業のお知らせ★
月曜定休
11/12(火)25(月)~28(木)四国へ
12/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み
1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】
11/19&12/10




完全燃焼

土日 2日間に渡る朝から晩の営業×通常営業
昨日今日のお休みは、こんな感じでした

やり切るっていうのは気持ちのいいものです

夜はもちろん、美味しいお勉強して、
明日からの彩りをさらに豊かにします

皆さまも心地よい夜をお過ごしください


izakaya 風ら坊
046-890-2470

★営業のお知らせ★
月曜定休
11/5(火)12(火)25(月)~28(木)四国へ
12/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み
1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】
11/19&12/10

どこまでもどこまでも

昨日はイベント→目の回るような嵐の営業をこなし
今日もすでにやっていますよ❣️

店主は焼きそばトリカラ製造機に扮して汗流しています
食べに来てください会いに来てください❣️

ちなみに、夜の営業も、やっちゃいます
どこまでも走り続ける僕ら・・・


ありがとうございます
お待ちしています❣️

izakaya 風ら坊
046-890-2470

神様の左隣に…

今日も朝も早よから、出店しています❣️

店主、まだコーヒーです笑、がんばっています
いつもと違うのは、生ハムです
“生ハム”に、大好き“くんたま”と“ピクルス”❣️

もちろん❣️

“牛すじカレー”と、“黒焼きそば”と“トリカラ”も
持って来ています!

純米酒もいつもとは少し変えています

我らが神奈川、“残草蓬莱(ざるそうほうらい)”
キレ味抜群の“日置桜”、綺麗な“綿屋”まかない酒
そのまま冷や酒でも、ほっこり燗酒でも…
飲み干したらまだまだ店まで走ります!

ビールも美しい旨さのフルセイルを大量入荷🍺
自家製サングリアは ホットワインでも美味🍷

今日はこの位置です

神様のお近くで、明るく元気にがんばっています
会いに来てください❣️

夜はもちろん通常営業、スタッフ少数精鋭で両方やります
昼は亀岡八幡宮、夜は風ら坊!
これで休日はスペシャルハッピー
お待ちしています❣️

izakaya 風ら坊
046-890-2470

魚の居酒屋と、、

昨日はとても静かでしたが、今日は盛り上がってほしい!
お席たっぷり空いています お待ちしています!

だがしかし、盛り上がった後は、明日あさってと、いつもの
逗子コミュニティパーク出店を控えているので、体力を温存せねば・・・

仙豆を食べて元気いっぱい!
・・・ならぬ、“自家製イクラ”やっぱり美味しいです
イクラおろしでおつまみでも、イクラご飯でも、お好きな方で・・・


11月と、12月、年末年始のお休みをまとめてお伝えします
月曜定休
11/5(火)・12(火)・11/25(月)~28(木)四国へ
12/3(火)17(火)24(火)

【年末年始】
12/30(月)は営業
12/31~1/3 お休み
1/4(土)から通常営業

【火曜営業日】
11/19&12/10
“オンリー火曜に来れる”という方は、逃さないでくださいネ


最近なぜかよく出るメニューがこちら

“アカシュモクザメの水餃子”
淡白なサメに、椎茸と海老で旨味を加えて、ネギ油でジュワッ
美味ッ

それにしても、美しい写真ですよね(photo by Mr.N田)
雑誌の表紙みたいです
そういえば、もしかしたら、水餃子がよく出るのはこのお陰なのかな??

そうなんです、10/28発売の 湘南タイムに掲載して頂いたのです
「魚は居酒屋で」のコーナーに、店主と愛店が載っています
是非ご覧ください

せっかくなので、雑誌表紙的写真をもう2枚

“シロカジキの西京焼き” この串焼きがまたなんて美味しそうに・・・

“イバラガニモドキ” も、妖艶な姿に・・・

美しく、そして旨い・・・

魚介以外もお肉も珍獣も野菜もおつまみもドリンクも、
もちろん盛り盛りだくさんです イベント前でどこもかしこもパンパンです
あとは席が埋まるだけ・・・

今宵も心よりお待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470