FC2ブログ
FouLabo

foulabo

Author:foulabo
旅する居酒屋『風ら坊』

逗子市逗子1-6-5 FUJIビル2F
銀座通り 東洋クリーニングさん2F
046-890-2470
http://foulabo.com/

【OPEN】
17:30〜23:30

【9月のお休み】
月曜・火曜
7(月)〜10(木)函館へ!

New
Category
Past Article
検索
LINK

初めての連続

先週 金土日忙しく、月火で益子合宿、1週間も空いてしまいました
そんな空白の1週間で、“初めて”をたくさん経験しました

まずはつい先ほどの、まかないにて

“お刺身”は、チュルッと口に入った後の コリッとした食感が印象的
“揚げ出し”は、ふわッとしたに後に 舌の上でとろけるような滑らかな
臭みは全くなく、優しい甘みが広がります
Q、1 さて、この食材は何でしょう?

そしてもう1つ、

q、2 鳥取から届いたこちらのお肉は何でしょう?

さらにラスト。表と裏が 赤紫×黄と対極の貝

Q、3 この貝は何という貝でしょう?


頭をひねらせているところ 余談ですが、

初めて、片口を作ってみました(ほぼ師匠の支えの元)
店主はお皿(左)を。12月中旬くらいには届くのかな?
お楽しみに・・・(皆様にお注ぎするのが、楽しみですっっっ)


クエッションの答え
1、オンデンザメ
2、タヌキ
3、ツキヒガイ

ツッコミどころしかない感じですね笑
2,3は今はメニューにはありませんので、乞うご期待
まずは、とろける魅力のオンデンザメからいきましょう
美味しいです


今日は1129、美味しいお肉の日
ウリ坊、鹿、マンタ、熊野地鶏、店主の美味しい加工肉たち
スタッフの笑顔と一緒に 待ち構えています
お待ちしております

izakaya 風ら坊
046–890–2470

スポンサーサイト



分かりにくいのですが、

店主が まるでつくね職人 の表情でうっている、つくね

胸にあまりに眩しく “サメ”の文字が光るので、
初見の方は「具材はサメ?」と思ってしまいそうですが、こちらはトリです
“熊野地鶏のつくね” この鶏の旨味、それがさらにつくね、嗚呼もう・・・

“分かりにくい”名前というばかりに、なかなかオーダーされない
ちょっぴり悲しき性をお持ちなのは、今年も登場

“カゴカキダイ”くん
お昼にお味見頂いたら、嗚呼美味。。。ホロっと綺麗な白身で
皮もパリパリッといい感じ。おチビサイズでおつまみにバッチリです
可愛い彼らを是非ご賞味くださいませ

“分かりにくい” お魚もういっちょ、旬を迎えております

美しいだけでないです。日曜水揚げなのに野締めなのに、とれたての食感

それこそ「旬の底力」だそうです

さかな人Mr.ハセガワが 昨晩美味しくてうなっていた正体は、“エボダイ”
ね?こちらも名前では キュンッとはなりませんよね?笑
ですが、今日からの私は「エボダイッ♡」となります (美味しかった!)

今日のお刺身は、そんな“エボダイ”もいれば、
水玉がラブリーだけど高貴な “スジアラ” もいます
忘れないでください、焼きには “カゴカキダイ”


本日も、“分かりにくい”で定評のある1階入口、
そこを上がって2階、風ら坊にて お待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470

美味しい息吹

昨日くらいからギュッと寒くなりましたね
思わず店主、

トモママになってしまいました

日本人でよかったと体と心で感じ入る、

風ら坊トモママの“大根煮”
お席についた一品目で至福が訪れます

毎年 大根煮が始まる頃は、お野菜がたくさんになってきます

“ピクル酢”を新しくまた仕込んだり、
“自家製アンチョビ”でソテーになったり、
最近さらに旨味を増した“ぬか漬け”になったり、
「手を変え品を変え」食材を無駄にしない店主、がんばっています

焼き物コーナーも 店主の美味しい息吹のかかったメニュー多数

ですが、手を加えずとも、焼・塩梅 でグッドなおつまみもあります
“カゴカキダイ”はウロコもパリッと美味、カブも愛を感じる甘味です


本日ゆるらりまったりデイ
外の風は ひんやり冬のにおい、風ら坊は優しい美味しいにおい
夜はまだまだこれから 本日もお待ちしています!

今は野菜でパンパンizakaya
風ら坊 046–890–2470🍴

遠くの景色と…

今年ももうすぐ終わりですね
ラストスパートのお休みのお知らせです

年末年始は考える間もなく、曜日の関係で即決定
12 / 31(月) ~ 1 / 3(木)

12月は 月曜定休、火曜は25(火)クリスマス営業します
クリスマスって、実は風ら坊、、、おヒマなんです・・・

こーーーんな素晴らしいクリスマスローズも咲くのに、

(“くま鍋”です ご予約制です)

こーーーーーんな素晴らしいチッキンもあるのに、

(こちらは“青首鴨” 果たして今年は何が?)

・・・・・・・・「なんでッッッ!?🎄」

和食の印象があるからなのでしょうか?
和洋中 ありますし、雰囲気もなかなかステキです

今年のクリスマスは、是非FouLaboへ


おっと いけない! そんな遠い日のことより、
「今日!今日!今日!」
「ご予約無いらしい!」
「エーーーッッッ!?」

この回を盛り上げてくれた“ウツボ”くんたち、
メニューにもあります。
にこごり、たたき、唐揚げは早い者勝ち

大人気の新作も飛ぶように出ています

“かながわ鶏ときのこの春巻き”
こちらも早い者勝ちです

実は、アイツも入っていますよ・・・



遠くの景色が美しいのも大事だけど、
近くに咲く道ばたの花は見逃したくない

というわけで、本日心よりお待ちしています!


izakaya 風ら坊
046-890-2470

なんだか凄いことに、、

なんだか凄いことになっています

日本酒の棚がパンパンもいいところです
気合入れすぎました
そんな気合いとは裏腹に、昨日もゆるらり 今日もご予約ナシ・・・
3周年にかたまりすぎています 本日是非ともお待ちしています

凄いことになっているコーナーがもう1つ

3年目は焼き鳥屋さんになったのでしょうか?
稀少な“ハツモト”まで。
“かながわ鶏”昔ダチョウを育てていた麓さんの鶏肉です
愛情たっぷり餌にも飼育日数にもこだわり、内臓まで美味しいです

載せきれない裏メニューまで・・・

本日 焼き鳥 風ら坊いかがでしょう?♪

へい らっしゃい!

↑トリラブみょうみょう女将(少々嫌がっている顔)

ちなみに、内臓だけでなく、身も味わってみたいですよね?
もちろんございます “かながわ鶏の炭焼き”

“熊野地鶏”愛は超健在ですが、地元かながわの新星もイイですね


焼き鳥を待っている間に、“レバーパテ”をチビチビなんてのも粋

お肉だけじゃないですよ

お刺身は今日も絶好調

“クロシビカマス”の純白にウットリ


それに、大分栗林さんの“牡蠣”が始まったことにもお気付きですか?♪

今日も魅力全開 すべてのブースが凄くいっぱい
今日も明る♪く楽し♪くお待ちしております♪

izakaya 風ら坊
046–890–2470

新たな門出

ありがとうございます!
お陰様で昨日11月11日、3周年でした

たくさんのお花やお酒たちや メッセージたち
感謝感謝で胸いっぱいです

昨日のパーティーには実は、発起人さんがいます

秋田の日本一の居酒屋『酒盃』の沖口大師匠
8年くらい前からずっと敬愛している方

挨拶もしてくださり、こんな場面も・・・

料理ばっかで楽しめないのはいかんから、と
きりたんぽ鍋を秋田から送ってくれて、
仕上げを一緒にしているシーン(店主嬉しそう)

店主のことを「唯一の外弟子」「せがれ」と
昔から私たちのことを 見守ってくれていました

奇跡のコラボレーション
背中ソックリです笑

ひと段落してホッと一杯の表情もソックリ

『酒盃』は同じ11月11日で、なんと43周年
私たちも明るく楽しくがんばろう
たくさん働いて 美味しい乾杯を重ねよう
しみじみと、思います

皆々様のお陰様です
感謝感謝です
3年は一区切り。新たな門出。
今後とも末永くよろしくお願いいたします


izakaya 風ら坊
046-890-2470




ちなみに私事ですが、
「3周年の日にオレが決めてやる」と、
沖口さんに背中を押され 手を引っ張ってもらい、
つつつつついに、なななななんと、あの二人が、
結婚しました。

子はかすがい ならぬ、店はかすがい
こちらも、皆々様のお陰様です

プロポーズも指輪も何も無いですが、

道端に咲く花を愛でるように暮らします
末永くよろしくお願いいたします


燃える紅と 奥深い碧

3周年ウィーク、燃え上がっています

昨日ご予約少なかったので 仕込みデイと思いきや、

結局やれたのは営業後の深夜

『居酒屋』を愛するメンズふたりが、
“自家製キムチ”をひたすら仕込んでいました
既に美味しい。仕上がってゆくのが楽しみです

長い時間を経て 既に仕上がっているものもご紹介
燃え上がる炎のように紅いキムチとは裏腹に、
優しく 奥深いところで 静かに碧色に輝く

“カマスサワラの生ハム”
写真では写りきらないナ…宝石より美しいです
魚の生ハム、美しいだけでなく 旨味も凄いです
目で愛でて 食べて美味しくって、
表情和らぎ 笑顔こぼれる逸品です


今日は 天気も良く、風も気持ちいい
その風に乗って、そのまま風ら坊へ・・・
お待ちしています

izakaya 風ら坊
046-890-2470

風ら坊的パレード

土日の逗子コミュニティパーク、日曜が雨模様で人出が少なく、
正直、達成感よりも、やりきれない気持ちが勝ってしまったので、
自ら達成欲、満たしました

なんともアナログなやり方で進めていた、
グランドメニューコーナーの充実 大作戦

超集中

完成させました✨(i_i)✨
今日 切って穴開けて、1番最後に追加されます
めくるめくドリンク達のパレード、是非ご覧ください
&うちでしか飲めない逸品ドリンク達を是非!

やりきれなさ→達成感へ変換したいもの もう一丁

大量に仕入れた“フルセイルブルーイング”の美味しいクラフトビール
こちらも4種のパレード 是非お召し上がりください

パレードは続くよどこまでも
イベントがあったにも関わらず・・・

何だそのビッグなヤツはーーーーー
誰だ赤く輝く美しいキミはーーーーー

「皆さん、お久しぶりです」

“赤い彗星”こと、“ハマー”こと、“ハマ鯛”様!
めでたい3周年にピッタリです

え!まだいるーーーーーーーーーーー

塩谷さんが見惚れたビッグで美しい“鮭”

終わりなき食材たちのパレード・・・


今週末、11日で お陰様で 風ら坊3周年!
今週も心よりお待ちしております!

izakaya 風ら坊
046–890–2470

亀ヶ岡神社へGO

今日は 逗子コミュニティパークです!


時差ボケのなか、朝から出店中!!

涼やかな風が、贅沢ホットワインとお燗酒を
美味しくしちゃいます 新着美味ビールもオススメ

おなじみ風ら坊カレーに、くんたまトッピング!
鶏カラにくろ焼きそば

お待ちしています❣️


izakaya 風ら坊
046-890-2470

涼しくなったらホッとしないと

今日はなんだかグッと涼しくなりましたね
前は寒いのはキライでしたが、今は・・・

けっこう悪くないもんだにゃあ・・・♡ という感じです

風ら坊のお料理も、ほっこりポカポカありますし♡

身も心にも染み渡る “松茸の土瓶蒸し”や、
野生の強さを頂けるジビエ “月の輪ぐま きのこ汁”、
200キロの巨体で海からあがった “白カジキ”(しかも目玉煮)
・・・ね?ホッとホットです

ホッと笑顔がこぼれ落ちる新メニューも実は登場しています

下北は佐井村の人気者 島野さんから手渡された、
あの感激の“うにぎり”です

かなりの注文率で、かなりの大好評

「美味しくないわけがない」・・・たしかに。

他にも捨てがたいもの盛りだくさん。
店主が大量に仕込んだ“自家製イクラ”や“真鱈の白子ポン酢”、
コラーゲンプリプリ“ウツボの煮こごり”に“豚足の煮こごり”、
青森塩谷さんのところの美しい真鯛で仕込んだ“鯛生ハムサラダ”

「ホッ」がいっぱいで、「ホホホホホ」
口福にほほ笑みが溢れ出す、そんな居酒屋風ら坊。
土日はイベントもあり大忙しですが、今日あすはかなりスキスキ
お待ちしています


izakaya 風ら坊
046–890–2470