FC2ブログ

昨日と今日

昨晩、「もしかして うちは繁盛店なんじゃないか?」と思ってしまうほど、
5時から遅くまで満席でした。多くの方 お断りしてしまいすみませんでした。
ですが、なう、↓↓↓

お客さま皆無です♡
「いつもいっぱいで…」たまに勘違いなさる方がいらっしゃいますが、
安心してください このとおり、そんなことはないんですから。

“柑橘の妖精” でんでんは、初代スタッフケイケイが さっきもいできてくれた
夏みかんで、“自家製 夏みかんチェロ”の仕込みです。今日ははかどりそうです

新作メニューのご紹介です

“自家製 熊野地鶏のハム”
前にも作っていたのですが、同じレシピでも仕上がりが違いました
今回のものは、「ザ・ハム」という感じです おつまみにピッタリ

前のときは しっとり仕上がる感じでした
「なんでこうなったのかな?」と、まかない中に 思案する店主

「こうやって巻いたからかな?」「オスとメス…」「あとはファルスか…」
真面目です。こうしてどんどんスキルが上がってゆくのでしょう

ブツブツ呟く店主と、厨房内では 淡々と仕込みをするシゲちゃん

串うちしているのはサメとネギ。 “サメと葱の串揚げ”
ふわっとしたサメ、ほわっと甘い葱、さくっと揚げられた 美味お気軽 串揚げ。
ぜひお試しください

地味なんですが、しみじみ美味しい新作も。

“根菜と実山椒の土鍋ご飯”
この試作の際に、実山椒を加えた方が美味しいということで、もっとグッと
魅力を増して登場。少食の僕らですが、茶碗2杯ずつペロリでした


そんなこんな ブログを綴っていても まだお客さまいらっしゃいません
こうなったら、最終手段、、

ドアップみょうみょう♡ ハーーーーーー犯罪的可愛さ
みょうみょうが備忘録に載ると お客さまがいらっしゃるというジンクス
※私の中だけ


あすはお休みです
今日もたくさんの方のお越しをお待ちしております

izakaya 風ら坊
046-890-2470
スポンサーサイト



旅から得るもの

旅に出ることで、自分たちのスキルを上げるのが、僕ら。
その名も 旅する居酒屋FouLabo

さっそく店主はメニューに取り入れています “ブリの炭焼き~赤酢と葱油~”
「赤酢の使い方がいまいちピンときてなかった」
「縄屋さんに行って酸味の使い方が勉強になった」
焼き加減も、コンベンクションオーブンを使った 絶妙な火入れで、感激の食感

何が凄いって、水曜の昼過ぎギリギリに帰ってきて、その夜のメニューになる、
そのスピード感。火曜夜3軒ハシゴしてデロデロになった人間とは思えません。

「素晴らしいお店にたくさん行って刺激をもらった」「もっと頑張らなきゃ」

以前に 大人気大好評だった “熊野地鶏のハム”を復活させるべく 昨晩仕込みました

加工スキルだけでなく、彼の 素材への探究心は 永久不滅です

お勧めいただいた山形のお肉屋さんから
“庄内牛”と“山伏豚” 炭焼きでお出しします
「豚の概念を覆された」と、昨日召し上がった方がおっしゃっていました

魚、肉、だけじゃない。僕らは『居酒屋』なのです

枕崎 瀬崎さんのカツオ節を使った、“カツオ味噌”
旨味が口の中で幸せの大爆発
日本酒でもワインでも、それこそあったかご飯に乗せても、そのままでも、極上です。


旅に出ると、刺激を頂きます
美味しいものや 人と出逢うこと繋がること、いつもと違うことをすること、
料理の質・幅だけでなく、店としても、人としても成長させてもらいます
旅に出れる環境 関係してくれる皆さま 健康な体含め、
すべてに感謝感謝です。


そんな、成長した 魅力的な僕らなのに、おかしいな?今日ご予約全然ありません
あすはテーブルが埋まってしまっているので、今宵ぜひ お待ちしております
ちなみにあすでも、カウンターはすべて空いてるので、心よりお待ちしています^^

知るって、面白い!

あ、しまった マタ好奇心が満たされていく喜びのタイトルに…
長くなってしまう飯尾醸造 投稿は後日として、
今さっきまでお世話になっていた 紅茶uffu投稿から…

芦屋駅に迎えに来てくれた uffu大西さんに、またしても感激の
美味しい蕎麦屋さんで刺激を頂いた後、、目的のお店へ

紅茶王子…紅茶博士…紅茶仙人?の大西さん

2007年以来久しぶりに大量に仕入れたばかりのタイミング

そんな店内

大西さんの選ぶ 作る 紅茶は、本当に美味しいです

流行りでなく、深い知識 経験 体感の元での、“天然”

風ら坊用に オリジナルで作って頂いている、
“風ら坊茶”の作り方や 材料も見せて頂きました

※写真はじい様お気に入り“コルカタチャイ”
風ら坊茶に入っている カルダモンの天然精油も入っています

ここでは とてもとても書ききれませんが、“茶”について
かなりたくさんのことを知ることができました
知らないものを知ることって、本当に面白いです。

例えば、
「アールグレイって 何ですか?」
アールグレイとは、①茶葉の種類 ②地名 ③人の名前
「アールグレイに使われているものの、姿 形ってどんなん?」

やーーーー、知るって、面白いです。

じい様だって 酒や食材だけじゃナイ ことを証明する一枚

FouLaboは 変わったものにこだわってるわけじゃないです
「ホンモノ」「美味しい」「楽しい」「好き」に素直なお店です

体の感覚をさらに敏感にすべく、オススメの、歯磨き粉、
すでに購入しました。私たちの確変、ご期待ください


通年の“風ら坊茶”、期間限定の“イヴェール茶”に加えて、
ノンカフェイン ルイボスベースの“ソレイユ”や、
じい様お気に入り“コルカタチャイ”仕入れました。
美味しいお茶、で、ホッとしませんか?

「お茶もいいけど、やっぱりお酒が欲しいっっ」という方も
遠慮なくお伝えください。“風ら坊ハイ”や“ワイン×tea”
さらなる進化を遂げてまいります


大西さん、uffuの皆さん、どうもありがとうございました!

ビバ丹後

乗り換え待ちや 列車内(トンネル等 景色見えない)の
時間が多く、更新を促されます。ついてきてください

昨日、京都醸造さん見学後、すぐさま列車に乗り込み、
もう何度乗ったでしょう

かなり渋い京都丹後鉄道で、

日本海側へ

飯尾醸造の飯尾さんがお迎えに来てくれ、宿泊地へ

え? バー?? なんだこのお洒落な空間は…

「竹野酒造さんが泊めてくれる」
ハテナマークがたくさん浮かんだままでしたが、
結果 とても素晴らしい宿泊等々をさせて頂きました。

到着後すぐに 試飲スペースという (たまにしか開かない)
こだわった空間にて、なんて相変わらずラッキーな…
さっき搾りたて 純米大吟醸あらばしりを

竹野酒造の行待さんが…ウェルカムドリンク?!


その後 じい様が前々から行きたかったという、お店へ

おうち???

丹後半島 付け根の真ん中あたり、
街灯の少ない雪道を進んだ先にある一軒家

縄屋
出口が 函館の料理学会で以前お会いした吉岡さんのお店です

出口も遠山も感動感激のお料理の連続でした
風ら坊にもある、コンベクションオーブンの魔術師です
お食事後は 吉岡さんも竹野酒造さんへ
たっくさんの細かな技術等、教えて頂いていました。
さらなる進化を遂げた出口の料理を皆さまご期待ください


今朝、眠っていた1階では…


やっぱりバーでも宿泊施設でもない 『竹野酒造』でした。
人も味もいい、竹野酒造さん。風ら坊で、仕入れるので、
皆さまぜひご賞味ください

行待さんにコーヒーとケーキをご馳走になった後、
宮津へ戻り、飯尾醸造(富士酢)の 酒蔵の方の見学へ
蒸しと麹作りの見学をさせて頂きました
長くなるので、それはまた後日別で。


草木も キラキラとした衣を纏い、

人もニコニコ、美しい丹後でした。
珍しい と皆さんおっしゃる晴れ丹後、

後ろ髪を引かれつつも、あとにして
~芦屋へ向かう電車内にて~


飯尾さん 吉岡さん 行待さん 大変お世話になりました

解るって、楽しい!

つい教材みたいなタイトルを叫んでしまいました
好奇心の塊 夏の波、スッキリわかってハッピーです

冬の京都は、京都醸造。
醸造担当のクリスさんが いろいろ説明してくださいました

ちなみに京都醸造KBCは、クラフトビールのブルワリーです
風ら坊の“本日の樽生クラフトビール”にも頻繁に登場
とっても美味しくって瞬殺でなくなってしまうビール。
美味しさの秘訣を探ってまいりました。

KBCのモルトは、ピルスナーモルトとエールモルト、

その他の 焦がし具合の違う様々なモルト。

粉砕機で

粉砕されたモルトは、

重力に従い、下の糖化釜へ


左が糖化釜


右が煮沸釜


糖化釜で、熱湯を噴射しながらかき混ぜて 約20分~1時間
糖が生まれます。お隣の煮沸釜に移り、煮沸しながら
狙いによって 各種のホップを投入

下にある熱変換機(だったかな?)で

冷やされて、

タンクへ。 ここで、酵母の投入です。

ビールの味は、モルト(色・味)とホップ(香り・苦味)で
大体決まると思ってましたが、もうひとつありました
京都醸造の美味しさの秘密は、酵母。
「日本で メインで扱っているところはうちだけ?」と
クリスさんの言う その酵母はベルギー酵母。納得。

種類や状態によって 温度を調節し、

お酒のお母さん、酵母が気持ちよく働ける環境を作ります
(糖を 酵母が食べることによって、
糖→アルコールと炭酸ガスが生まれます)

日本酒 酒蔵やワイン醸造所もいくつも見てきましたが、
結局のところ、同じですね。
自然を把握理解し、狙いや想いを定め、
素材や環境を整え、菌が気持ちよくなるように、
人間はお手伝いをするだけ。
今まで飲んできて、見てきて、感銘を受けたところは
国内外問わず、必ず皆さん そう、おっしゃっています。
すごく、学びます。

クリスさんが別室にも案内してくださいました

使われていないタンクと 空間…

「いずれはサワービールを作りたい」
サワービールは、さらに手間と時間のかかるビールです
昨年4月にオープンして 9ヶ月。
すでに美味しいビールを作っているのに 夢はさらに続く
拡大ではなく 利益ではなく、“好き”を追い続ける
自分たちと通ずるものがあって、出逢えたことに感謝です

教えてくださった、逗子のヨロッコビール

あきおさんにも感謝です



旅に出て、観光しなくとも、99%満足するようになりました
ホンモノ や 人 に 逢うのが楽しすぎます。
リアル『プロフェッショナル』そんなステキなものや人や
知った全てを 求める方々には お伝えしたいと思います。
旅する居酒屋 FouLabo

意識の高いステキなスタッフたちがいてくれるので、
少しでも知れたら と思い、長くなりました。
あすの飯尾醸造さん 紅茶uffuさんも楽しみです


~宮津へ向かう車内にて~

再開宣言

美しい富士山を

右目に通り過ぎ、

浜松以降 雪やこんこん

徐行運転

岐阜を過ぎたら

また嬉しいおてんとさま

たどり着いたは 京都。

観光もせず、すぐさまKBC 京都醸造へ

新幹線が遅れたため中途半端な時間に着き、
なので ばあ様は備忘録。なのでじい様は

醸造所を奥に見ながら ぶらんこ。
平和そうに見えてこの男、また新幹線内で 各所に、
大量に、発注をかけてました。あおるんだからなあ・・・


今日から 2連休、京都 宮津 兵庫 京都
水曜に逗子に帰り、夜営業。
旅する居酒屋 風ら坊、ようやく、旅、再開宣言です🎵

海は偉大。

「毎日見ている」と言ってくださった方が来てくれました
そんなこと言っていただけると張り切る単純な自分が います

まずは、“その瞬間にしか”味わえない美しいブリから。

「あの味が忘れられなくて」再訪してくださる方が います
また“この瞬間の味“を 満喫してくださっていました
本当に、綺麗・・・

浜辺の波うちぎわの砂の模様に見えて うっとり・・・
してしまうのは 私だけでしょうか?

海は偉大です
“フライドチキン”ならぬ、

“フライドシャーク” 復活です
チキンよりもサッパリ。醤油ベースだけどスパイシー 食欲をそそります
骨の部分も軟骨で 個人的にはポリポリと 大好きです

と、いうわけでして、今宵カウンターまだ空いております
あすからは連休。今晩、待ってる

NYA! ゲスト出演 (イ)大な みょうみょう

最強の居酒屋

今宵 金曜日、まだお席ございます


アイスヴァイン!!

復活しましたよ お肉好きの皆さーん

フライドシャーク!!
フライドポテトにちょっぴり飽きた皆さーん

お久しぶりの方も、昨日いらした方も、おとといいらした方も、
はじめましての方も、旧友たちも、スタッフも家族も、
最強で最愛の居酒屋でお待ちしております


izakaya 風ら坊
0468902470

「買っちゃった♡」

また買うつもりがなかったらしいです。が。
昨日も、この有様です♡

・・・。
(もちろん長い目で見て 全て計算してのことだと思います)

たしかに、立派。

昨日早朝、さかな人長谷川さんが自ら伊東の船上で選別、
神経締めの処理を施すという、大きさも質も、一級品。
料理人だったら、買わないという選択肢はないのかもしれません
ですがご予約少ないです
昨日今日しか出逢えないこの食感、ブリッブリの“ブリ” ぜひ今宵どうぞ

魚だけでなく、「買っちゃった♡」シリーズ。

“タコ引き包丁”
さらなる店主の、料理人としての腕の上がりっぷりに期待しましょう

今日もこれからメニュー変更の原稿がやって参ります
今日はいったいどれだけ変わるのか 楽しみですね

左サイド“お刺身”は相変わらず凄まじいラインナップ
ブリだけでなくどれも旨い。ので、盛り合わせがオススメです
右サイドの“季まぐれ”コーナーには ほっこりあったかメニューが連なります
センターは 酒呑みハッピーゾーン、
左下に、ようやく入ってきました “サメの唐揚げ”“星エイの唐揚げ”も大好評


はてさて、今宵はどんな営業になるのか、楽しみです
じい様が「買っちゃった♡」分、皆さまたくさんお召し上がりください
どうぞよろしくお願いいたします


izakaya 風ら坊
046-890-2470

ハッとして ホッとする

今日ボケっと歩いていたら、、、

!!!!
正直 めちゃくちゃ驚きました。なんて油断できないお店なんでしょう
「サメ界のタレパンダ♡」
「えっ なんで?」
「デレっとタレてて可愛いから」
「それって・・・世間でもそう言われてるの?」
「や。オレのなかだけ」
「・・・」
“カスザメの唐揚げ” サメの唐揚げの中で、ベストのお味だそうです
サッパリした 店主一押しのサメカラ、いかがでしょう?

ハッとさせられることもあれば、ホッとさせてくれるものも盛りだくさん

“ポトフ” スプーンを入れたらとろけます。絶妙。
「ポトフって、美味しいのに なんであまり出ないんだろうなあ?」と、
店主も私も首をかしげます。 風ら坊の 野菜たっぷりポカポカポトフ、
今晩寒くなる前に芯から健康、温めませんか?

元スタッフのテーブル、隠し取りに成功しました

“トマトの豚バラ巻き”
一見地味でよくあるこんなメニューでほっこりするのも良しですね

最近 毎晩、店内で「今 何の料理作っているんですか?」と聞かれるほどの
「美味しそう過ぎる香り」の正体は、

“海老のスパゲッティ”
もう、「間違いなし」です。


今宵もカウンター空いております。今日のお通しは茶碗蒸しです
あすあさっては2連休、今宵ぜひともお待ちしております
また、じい様が、大量に衝動買い(🐟)したので、助けてください。
よろしくお願いします。

ハッとしてホッとする、逗子のディズニーランド FouLabo
ネズミ年のふたりと、今宵スタッフはサル年のふたりです


izakaya 風ら坊
046-890-2470

格差社会と普通

今宵、土曜日ですが、まだカウンター空いています!

今日から登場したメニューをお一つ ご紹介します
格差社会により 勝ち得た

楽ちんポジションで仕込んだ、

“自家製 ヒツジのソーセージ” 炭焼きでお出しします。
クサさは無く、スパイシーで噛みしめ系の、美味しいソーセージです

店主「このポジションになるには、あと10年だな ハッハッハ」
シゲちゃん「けっこう力要るんです…汗かいてきました…」

がんばれ若者。

昨日から登場したものも、お一つご紹介します
こちらは平和に

モッちゃんが包んだ

“豚のシュウマイ”

うちのお店では お客さんがFouLaboマジックにかかり、
シュウマイやギョウザをお出しすると、「何の?」と質問が返ってきます
「サメが無いので 豚でシュウマイを作りました」
サメもサッパリ美味しいけど、豚もやっぱり、美味しい。普通もいいもんです笑

その他も多種!時間がないので今日はここまで
今宵もたくさんの方のお越しを心よりお待ちしております


izakaya 風ら坊
046-890-2470

幸せな悩み

昨日は、予想どおりの展開。 仕込みが進むのも幸せですが・・・
昨日の風ら坊は、柚子コショウ製作Laboになっておりました

恥ずかしがーりーでんでん(右)は、柚子にレモンにリンゴに・・・
昨日から 店主に「フルーツの妖精」と命名されていました
でんでんが作ると美味しいです 今回の柚子コショウも乞うご期待です

でんでんをフルーツの妖精から、ホールの妖精に姿を変えさせてあげたいです
今宵、木曜日、お席たっぷりあります。 ご来店を心より お待ちしております

昨晩は お客様ではなく 柚子に囲まれていたというのに、
魚が届く届く・・・

しかも、またしても、この黒ムツ・・・グラビア級がまたきました
「この時期の 伊東の黒ムツはヤバい」たしかに、ヤバイです。
刺身を食し「こんなの初めて♡」byシーゲー ぜひとも味わって頂きたいです

そして、ファンにはたまらない、星エイ(左)

“星エイのレバ刺し” すでにキープ希望もあるので、残りわずかです。
サバもイイ。“真鯖” 今宵、シメサバ好きの貴方を撃ちぬきます♡

イイもの 天然のもの って、なんて美しいんでしょうか

“メジマグロ” に、美しい空と海の景色が浮かび上がりました
「綺麗・・・ほんとうに世界って綺麗・・・」byフィオ&夏波
美味しくないわけがない。ですね

メジマグロくんの 脳天の部分を頂きましたが、

感激の美味しさでした。

昨晩は、素晴らしいスタッフの子たちに囲まれ、
美しい景色を眺め、脳天部を頂き、さらに最近届いたベアードビールの

試飲をしていたら、スーパー夏波になれました。革命でした。
FouLaboの今後が、楽しみ過ぎます、自分たちで笑。

内容は、
“ざまあみろ!エール”、“インペリアルダークスカイ”、“インディアンペールラガー”、
“ウィートキングウィット” “志賀高原ビール”“ヨロッコビール”のポーターもあります
しっかり試飲しましたので笑、特徴はすべてお伝えできます

魚ばかりでも Fouばかりでもありません

“ブリ大根” (あ…魚だ…)
夜遅くには大根が イイ色に姿を変えていました

隣では 野菜たちがコトコトコトコト・・・

翌日の今もコトコト・・・何らかの“ポトフ”に姿を変えるそうです
真冬にほっこり、想像しただけで幸せです


日本酒もワインも その他のメニューたちも 載せたいこと満載ですが、
連日の投稿でも追いつきません。 (幸せな悩み その2)

お客さまにいらして頂かないと、店主の仕込みの手が止まらず、
メニューが増殖して、メニューに載せることすらできません。 (幸せな悩み その3)

今宵も狙い目サースデイ。
たくさんの方の笑顔を楽しみにお待ちしております

天狗の店主。

昨日は火曜なのに、謎の大爆発、大盛り上がりの営業でした
が、今日あすご予約ゼロです。 ・・・なのですが、

「天狗になっちゃった♡」
大きなカマス10匹にメジナに、またしても黒ムツに星エイに・・・
・・・(T ^ T)お客さまあぁぁぁぁぁーーーお待ちしてます。

カマスの立派っぷりに、呑兵衛パンダを置きましたが、
少々分かりづらい画でしたね。こんな感じです

この画も分かりづらいですね クラフトビールの瓶です
こちらのラベルはご存知、逗子の誇るべき、ヨロッコビーーール

ピンクのラベルは 裏を見ると 2種類あります
もう完売になってしまった“柚子ペールエール”と、

“ヒトミボタニカル”
原材料を見てお気づきになりますでしょうか?「葡萄」
そうなのです、ブドウも使われているビールなのです。

私たちの永遠に愛する田口さんを想い、ヨロッコビールのアキオさんと、
元田口さんが働いてたベアードビールのブルワー達が共同で作ったビール
大切なビールです。メニューに載せていません。
残り僅か。お声かけ頂ければお出しします

寒くなってきて、ビールも深みのある味が染み入るように美味しい。
今日はヨロッコビールの“ブラウンエール” が開いています
ビールに合うおつまみも盛りだくさん。
今日は おひとつご紹介。

“メルゲーズソーセージ” スパイシーな羊のソーセージです
香りにメロメロ。やみつき間違いなしです

寒くなってきて、恋しくなるもの。

鍋。
こちらは “真鱈の小鍋” 今日メニューにあります。
青森 塩谷さんからの真鱈。私は人生で1番美味しいと思いました
超絶の美味しさに、うちの舌の肥えた(?) みょうみょうもグイグイでした

余談ですが、昨晩みょうみょうは、自らのゴマ柄を

遠火の弱火、絶妙な塩梅で 焼き上げていました。

(当猫お構いなし)

さすが火入れの魔術士、出口の愛猫です

ところで、最近ネコが流行っているらしいですね
流行がようやく 僕たちに追いついてきたようですにゃ


ようやく(一度消えてしまって 涙ながらに打ち直した)
ブログを書き終えそうになったら、買い物から戻ってきた店主が一言
「買う予定のなかった ブリ買っちゃった♡」
・・・
・・・
・・・
・・・お客さまあぁああぁぁぁぁーーー
今宵、心より、お待ちしております♡

じい様の小さいウソ

今朝、「今日はもう取らないッ」と言っていたのに・・・

Σ(・□・;)Σ(・□・;)Σ(・□・;)Σ(・□・;)
光ってるーーー!しかも、高級魚ばかりやーーー!

「すべてはお客様の旨いのために♡」だそうです。
今日あす、まだお席ございます…
よろしくお願いします!

「グラビアアイドル♡」とさかな人絶賛の、

黒ムツちゃんもいます

魚だけじゃなく、相変わらず充実のメニューです
今宵、土日、たくさんの方のお越しをお待ちしております

今宵、堪能日和

こんにちは。今日も風ら坊の魅力をたっぷりお伝えいたします。

最近 リピーターが続出中

“ゴマサバの干物”

伊東の、あの、

美しい 上品な脂ののったサバを 贅沢に干物にしたものです
パリッと皮のはじける食感と じゅわっとふっくらした食感…
たまりません。
炭で焼くから さらに美味しいのだと思います

他にも炭焼きメニュー多数あります

“いろいろ野菜の炭焼き”
器も 盛り付けも また…見ているだけで、美味しい。

炭に加え、グッと惹かれるのは、

やはり、串。串に魅了されるのは、なんでだろう?
ちなみにこちら↑は、究極の焼き鳥。“熊野地鶏もも串”

そしてこちら↓は、究極の焼き魚。

“マカジキ串”
「水揚げから3週間、今が1番美味しい」という店主。

刺身でもこの、艶かしさ。

“マカジキのお刺身”
マカジキ以外にも 話せば長くなる魅力的な刺身、山盛り
“お刺身の盛り合わせ” で いろいろ堪能してください
気になるお魚があれば「太刀魚を入れて♡」等、大歓迎です

ちなみに、写真はすべて、さかな人 長谷川さん。
*美味しい状態で 迅速に提供*が マストの私には出来ない画を
協力してくれました。長谷川さんありがとう
そんな協力も、「僕私をブログに載せて♡」も、皆さま大歓迎です


今宵は ご予約無しの木曜日。狙い目サースデイ。
昨晩お店中に 腰くだけの香りを漂わせていた、

海老などなどのソース を使ったパスタ、などなど、も、
おねだりできちゃいそう 風ら坊堪能日和です
たくさんの方のお越しを 心より お待ちしております


izakaya 風ら坊
046-890-2470


年始から飛ばします

あけましておめでとうございます
暖かく天気もよく 穏やかで素晴らしいお正月でしたね

2015の振り返りを載せようと思って書き始めたら、
変化が多すぎて、ネタが多すぎて、正月ボケで断念…また後日。
今日から営業なので、とりいそぎ、意気込んだ投稿を。

食材、酒、等々 極めまくって参りましたが、
ついに・・・

お箸まで・・・
大黒屋さんの江戸木箸
さらに進化した居酒屋へ

さらには 年末にお伝えした、

ロブマイヤーのワイングラス!!
同じワインでもプラス3000円の味のワインになると思います
3脚のみ 混雑時でない時間にお声かけください

さらにさらには取り皿まで。

我らが 益子の人間国宝(近い将来そんな予想)衣川師匠たちの取り皿です


スタッフも気合い十分。
隣には「年明けだっていうのに 魚が充実している…」呟く店主

今日も凄まじいメニュー変更の原稿が 清書担当の元に送られるのでしょう

正面には、昨晩も 3羽もひたすら毛をむしってくれた脱羽職人シゲちゃん

風ら坊が、こんなにも天然の青首鴨を扱えるのは、彼のお陰です。
大絶賛大好評の“天然青首鴨の鴨鍋”
天然のものなのでハッキリとは言えませんが、2月中旬まで。
前日までのご予約でお受けできます

年末は席がなく たくさんの方を 泣く泣くお断りしてしまいましたが、
年始、お席たーーーっぷりございます 毎晩楽しみに皆さまお待ちしてます

まずは、年明け1発目 2016初日の今宵、素晴らしい日にしたいです
本日たくさんの方のお越しをお待ちしております


izakaya 風ら坊
046-890-2470